35歳ニート男子の再出発

【ニート向け】退職理由の答え方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
35歳男。大学院卒のニート。2021年から正社員を目指し就活中。35歳・社員経験なし、バイトすらも長続きしないという汚れた職歴から正社員という、前代未聞のことをやってやろうと意気込む。
詳しいプロフィールはこちら

面接で退職理由を聞かれたときの答え方。正直に言うことが大切な理由。

あまりにひどい場合は、過去の自分を反省していることを態度で示すこと。

人間関係

人間関係がうまくいかなかったのであれば、正直に言うこと。落とされるのを恐れ、別の理由でごまかそうとするのは避けた方が無難。

理由の一つ目は、次に働いた会社の入社理由と矛盾が生じる可能性。ウソがばれたら、それこそ一発アウトだ。

そもそも、人間関係のトラブルは、退職理由として最も多い。つまり、「人間関係」を理由に辞めるのは普通のことだから、不自然に隠す方が怪しまれるというものだ。特に転職を繰り返している場合、必ずひとつやふたつは「人間関係を理由にやめているはず」とみなされる。

大事なことは、誰とどのように合わなかったのかを具体的に説明できること。実際のエピソードと一緒に話すことが大切だ。

「こんな理由で」思われて落とされるなら、仕方がない。その会社が、「(辞めた会社と)同じような環境ですよ」と認めているようなものだから。たとえ入社しても「また嫌な思いをするだけ」と開き直ろう。

全ての職場が同じ環境でないのだから、正直に話せば必ず理解してくれる会社もある。

体調を崩した

体調が理由であれば、現在は回復していることが大前提。

「体調を崩したけど、今は完全に回復したので働けます」と言おう。

残業が多い

「残業が多くてプライベートな時間が取れなかった」という理由での退職経験もあるかもしれない。

その場合は当然だが、辞めた会社より残業が少ない求人に応募すること。

面接では、具体的に残業が月何時間あったかを説明しよう。

給与が低い

給与に不満で辞めた場合の注意点として、その後に働いた会社は(辞めたところより)給料が高かったかチェックしよう。もし一つでも低いところがあるなら、「なぜそこを選んだのか」を説明できるようにしておくこと。

当然だが、辞めた会社より給料が低い求人に応募してはいけない「うちは、もっと給料が低いけど大丈夫?」と突っ込まれてゲームオーバーだ。

仕事内容が合わなかった

仕事内容に不満だった場合、具体的にどこが合わなかったのか説明すること。

「契約と違う仕事を押し付けられた」、「契約通りだったが、実際やってみたら思いのほかきつかった」、「やりがいを期待して入ったのに雑用ばかりさせられた」等。

繰り返しになるが、辞めた会社と同じような環境の求人に応募しないこと。

会社の方針が気に入らない

会社のどんなルールに納得がいかなかったのか?

「時間通りに出勤するのが嫌だった」「制服で働かされるのが嫌だった」「髭をそるのが嫌だった」「ほうれんそう(報告・連絡・相談)が面倒くさい」「お昼休憩に最低2時間は欲しい」「何が何でも定時で帰りたい」

全てを満たす会社はまずないので、まずは過去の自分を反省すること。

「世の中そう思い通りにいかないことを悟り、覚悟を決めて就職する決意をしました」と言って、意欲をアピールしよう。

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
35歳男。大学院卒のニート。2021年から正社員を目指し就活中。35歳・社員経験なし、バイトすらも長続きしないという汚れた職歴から正社員という、前代未聞のことをやってやろうと意気込む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© きらめくほとり , 2021 All Rights Reserved.