35歳ニート男子の再出発

ニートが面接でよく聞かれること~13つの質問と対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
35歳男。大学院卒のニート。2021年から正社員を目指し就活中。35歳・社員経験なし、バイトすらも長続きしないという汚れた職歴から正社員という、前代未聞のことをやってやろうと意気込む。
詳しいプロフィールはこちら

ニートにとって面接は、大きな試練だ。「ニート期間に何をやっていたのか?」「なぜ働かなかったのか?」なんて質問は、間違いなくされるだろう。

そんな「関門」を突破し、見事に正社員を勝ち取るにはどうすればいいのか?

それは、面接で聞かれそうなことをあらかじめ準備しておくこと。

ここでは、実際に就職を決めたばかりの元35歳ニートの私が、よく聞かれる13つをリストアップした。

ニートが面接よく聞かれること

下が、ニートが面接でよく聞かれる事項だ。

  • 学歴・職歴
  • 資格
  • 志望動機
  • 長所・短所
  • 成功体験
  • 入社時期
  • 転勤の可否
  • 希望条件

では順番に解説していこう。

職歴

職歴は、どの面接でも絶対聞かれる事項だ。特にニートの場合、ニート期間について強く突っ込まれることを覚悟しておくべきだ。

ニート期間に何をしていたか?

ニートが一番警戒しなければならない質問が、「ニート期間(空白期間)に何をしていたか」だ。またニートでなくても、過去の職歴で長いブランクがあると確実に突かれるから、返答を準備しておくこと

ニートになった理由

ニート期間とセットで、「そもそもなぜニートになったのか」という質問も想定される。その場合は、開き直って正直に答えたほうがいい。

嘘をつくと必ず矛盾が生じるし、そこを突かれたらゲームオーバー。そもそもいくら取り繕ったところで、ニートになった事実に変わりようがなく、単なる言い訳にしか受け取ってもらえないだろう。

「ニートになる前の会社で嫌な思いをしたので、働く気力がなくなった」「就職失敗しやる気を失った」等、事実を淡々と述べるのが無難だ。

ただし、ニートになった自分の落ち度をを素直に反省すること。これからは、親に迷惑をかけないよう懸命に仕事に取り組む姿勢をアピールすることが大切だ。

リスクを負ってまでごまかすのではなく、正直に話すのが得策だ。

就職を決意した理由

正社員経験がなかったり、直前の会社を辞めてから現在までのブランクが長い場合、就職をしようと思った理由も聞かれるかもしれない。

この場合も、素直に自分の思いを語ることが大切。

「生活の安定のため」「親に迷惑をかけられない」「将来不安になった」など。

とにかくストレートに打ち明けよう。

(前職の)退職理由

もしアルバイトでも経験がある場合、退職理由は必ず問われる。退職理由は、正直に言うほうが無難だ。

なぜかと言うと、退職後に別の会社で働いた経験がある場合、その入社理由もセットで聞かれるから。下手にごまかそうとすれば、次の職場の入社理由と矛盾が生じる可能性があるので要注意だ。

(前職の)入社理由

退職理由とセットで問われるのが入社理由だ。大事なのは、退職理由と矛盾のない回答をすること。

矛盾があると、確実に突っ込まれるからだ。

例えば、夜勤がきつくてやめたのに、また夜勤の仕事についていたら当然突っ込まれる。もし事実だとしたら、必ず切り返しを考える必要がある。「体力がついたので夜勤でもいけると思った。」「どこも受からず夜勤の仕事に就くしかななかった」等、相手に納得してもらえる回答を用意しておくこと。

正直に答えるか、うまくごまかすかも含め、入社理由と退職理由はセットで準備しよう。

資格

資格に関しては、正直にYes、Noで答えればOKだ。

資格の有無

何らかの資格を持っていたらアピールしよう。ただし、面接を受ける企業の仕事内容と関連する資格でなければ、あまり意味がない。

自動車免許の有無

最寄りに駅や・バス停がない職場の場合、車通勤の確認で聞かれることがある。

志望動機

志望動機は、基本的に職種に関して説明すれば問題ない。まれに「なぜうちの会社か」問われることがあるので、念のため会社のことも調べておこう。

職種の志望動機

職種への興味を語ること。

単に「楽そうだから」という理由で応募した場合は、ネットなどで仕事の魅力を調べ、自分の言葉で説明できるように練習しておこう。

会社の志望動機

会社のホームページで、事業内容や創業から現在までの社史を調べ、魅力を見つけること。

また、転職エージェントから紹介を受けた場合は、「紹介されたから」でOK。

↓私の回答例:志望動機↓

長所・短所

長所・短所もよく尋ねられる。小さいころから振り返って、自分の強み・弱みを具体的なエピソードと一緒に言えるようにしよう。

長所

先生・親・上司・友人から褒められたことを思い起こすのが一番の近道。記憶にない場合は、親に教えてもらう、親に「私ことで先生から褒められたことはないか」聞いてみるといい。必ず発見があるはずだ。

ちなみに私は最近、幼稚園の先生から「やさしい」と褒められたことを親から教えられた。

自分の潜在的な長所を知ることは、面接だけでなく、今後の長い人生においても必ず役立つはずだ。

短所

短所も同様、自分の過去を振り返って見つけること。

学校や職場で苦労したこと、親や先生、上司から指摘された欠点を思い出してみよう。

また、「短所を克服するためにどんな努力をしているか」聞かれることもあるので、準備しておこう。ちなみに「何もしない」と答えるのも一つの手だ。その代わり「長所を伸ばす」ことに重点を置いていると言えばよい。最終的に相手が納得すればいいのだから。

↓私の回答例:長所・短所↓

成功体験

企業によっては、成功体験を聞いてくる。困難を乗り越え達成したこと、という聞き方をされることもある。

どんな些細なことでもいいので、思いつく限り紙に書き出してみよう。その中から、打ち破るのに最大のエネルギーを要した障壁を選ぶこと。自然とインパクトが大きくなる。

ちなみに私であれば、こう答える(今回の面接では聞かれなかった)

「胃カメラ」

胃の調子が悪く、近くの医者に行くと胃カメラを勧められた。しかし、「苦しそう」という理由で避けてしまった。

それから10年以上、胃の違和感に苦しめられ、そのたびに「何か悪いものがあるのではないか」と不安で「胃カメラ」が脳裏をかすめるものの、なかなか一歩を踏み出せない。

大きな転機は30歳のとき。たまたま受けた人間ドッグでピロリ菌が発見され、ようやく覚悟を決める。

果たして、胃カメラは無事に終わり思ったより大したことなかった(鼻からやってというのもあるだろう)。ガンは見つからず、ピロリ菌も無事除菌された。

十年来の悩みが解消され、ピロリ菌がいなくなったことで、胃がん発生確率を大幅に減らせたことを思えば、人生において最も大きな成功体験だった。

入社時期

入社時期を聞かれたら、「すぐにでも働けます」と言うべきだ。

「すぐ働きたい」は、やる気の表れだからだ。仮に勤務開始希望日を一カ月先にしようものなら、「今は働く気がない」と思われるだろう。すると「何だコイツ、やる気ないのに面接を受けに来たのか」、「一か月後に働ける保証はない」とみなされてしまう危険がある。

また、人手が足りず一刻も早く人が欲しい企業では、「すぐ働ける」と言っただけで採用が決まることさえもある。

もしすぐに働けないのであれば、働けるようになってから就活を始めるのが無難だ。ただし、その分ブランクが長くなることは頭に入れておこう。

転勤の可否

勤務開始日と同様、転勤可否も選考に直結する重要事項だ。

正社員である限り、転勤は当たり前。転勤が嫌なら、「バイトでいいじゃん」と思われるのがオチだ。

正社員になりたいのであれば、転勤は拒めない

希望条件

工場などへ派遣される場合、派遣先の希望条件を尋ねられる。できるだけ「こだわらない」に越したことないが、どうしても譲れない条件があるなら伝えておこう。

ある程度希望を言っても通ることが多いので、あまり気にする必要はない。私の場合だが、「日勤希望」「寮費無料」という条件で紹介を受けられた。

想定外の質問をされたら?

ニートが準備しておくべき質問は、以上ですべてだ。ただし、これで全企業をカバーできるわけではないことにご注意を。

さすがに最近はほぼ消滅したが、「自分を動物に例えると?」など突飛なことを聞いてくる会社もある。

万が一、こういった想定外の質問をされた場合は、素直に「わかりません」と答えるのが無難だ。たとえそれが原因で落とされたとしても、「そんな会社は自分に合わない」と開き直ればいい。

安心してよい。ここで述べた質問の対策をきっちり行えば、どこか必ず受かるのだから。

まとめ

最後に、ここで紹介した13の質問をまとめる。

  1. ニート期間にしていたこと
  2. ニートになった理由
  3. 就職を決意した理由
  4. (前職の)退職理由
  5. (前職の)入社理由
  6. 資格はあるか?
  7. 自動車免許はあるか?
  8. 志望動機(職種・会社)
  9. 長所と短所
  10. 成功体験
  11. 入社時期
  12. 転勤の可否
  13. 希望条件

上記質問への対応をしっかり準備し、自信をもって本番に臨もう。

あわせて読みたい

この記事を書いている人 - WRITER -
35歳男。大学院卒のニート。2021年から正社員を目指し就活中。35歳・社員経験なし、バイトすらも長続きしないという汚れた職歴から正社員という、前代未聞のことをやってやろうと意気込む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© きらめくほとり , 2021 All Rights Reserved.