35歳ニート男子の再出発

ニートだけど仕事が怖いので働けません!どうすればいい?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
35歳男。大学院卒のニート。2021年から正社員を目指し就活中。35歳・社員経験なし、バイトすらも長続きしないという汚れた職歴から正社員という、前代未聞のことをやってやろうと意気込む。
詳しいプロフィールはこちら

早く「ニートを抜け出したい」と思ってはいるものの、仕事が怖くて一歩を踏み出せないという悩みを解決していく。

まずは、仕事が怖い原因として自分がどのパターンに当てはまるかを明確にし、その対処法を実践してほしい。

仕事が怖い原因を見つける

「仕事が怖い」と感じるニートは、次の5パターンのどれかに当てはまっているはずだ。

  • 面接が怖い
  • 人間関係
  • 能力不足
  • 体力不足
  • 長いブランク

さっそく詳しく見ていこう。

面接が怖い

就活に踏み切れない原因は仕事でなく、「面接が怖い」ことにあったりする。

面接は、ニートにとって最初の大きな関門だ。

ニートを長くやっていると、「なぜ働かなかったのか?」と必ず聞かれる。働かなかった理由に関して、嘘をつこうものなら突っ込まれて答えられないのではないか、逆に正直に答えてしまうと、説教されるのではないかといった恐怖心があることだろう。

そもそも、人見知りで、面接官と話すだけでも恐怖を感じているかもしれない。

面接が怖いニートは、以下の記事を参考にしてほしい。

人間関係

上司に怒られるのではないか?仲間からいじめられるのではないか?という怖さ。これも“あるある”だ。

前職での経験がトラウマになっていることもあるだろう。

ただ、どんな仕事においても“人間関係”だけは避けて通れない。必ず克服しなければならない課題だ。

能力不足

能力不足には次のパターンがある。

  • 仕事が覚えられない
  • 要求されることが高すぎてついていけない
  • 技術が身につかなかった
  • 正確にできない
  • 作業が遅い

いずれの場合も原因は、次の2つに絞られる。

  • 人間関係がダメ
  • 自分に向かない仕事を選んでしまった

これらは、事前準備・訓練次第で避けられることなので、しっかり対策をしよう。

体力不足

能力不足と関連して体力不足も働く上で深刻だ。

私自身も最近は体調を崩して仕事を辞めていることもあり、健康の重要性を改めて思い知らされる。

体力や健康面に不安を抱くニートは、仕事選びが重要。特に、勤務時間や仕事内容に関しては、絶対に妥協してはならない。

長いブランク

長い間仕事から離れていれば、働くことに不安を抱くのは当然のこと。

  • 長期間の離脱から、いきなり正社員は不安
  • 面接でブランク理由を聞かれるのが怖い

そんなニートは、職業訓練と面接特訓が必要だ。

「仕事が怖い」の克服法

「仕事が怖い」を克服したいなら、下記3つに取り組んでみてほしい。

  • 仕事選び
  • 面接対策
  • 職業訓練

仕事選び

まず、仕事は「好き」で選んではいけない。なぜかと言うと、「好き」=「向いている」とは限らないからだ。

確かに好きな仕事であれば、楽しくて長く続けられそうだ。しかし、そこには大きな落とし穴がある。

例えば、「絵を描くのが好き」という人に、実際に描かかせてみるとすごい下手だったというケースは全然珍しくない。私自身の場合で言えば、小さいころから「モノ作り」が好きで人一倍夢中になれたが、不器用のため「クラスで一人だけ完成できなかった」という苦湯を何度も飲まされてきた。

ではどうすればいいか?

それは、

「できる」で選ぶ

こと。

具体的には、自分の性格・能力・体力・健康状態を全て加味し、それらに合致した仕事内容・条件(勤務時間・休日等)を絞り出す。

「どの仕事を選んでいいかわからない」という場合は、転職エージェントがおすすめ。転職アドバイザーが過去の経験や希望条件を丁寧にヒアリンク、キミの実力に見合った仕事を紹介してくれるので安心だ。

面接対策

やりたい仕事が決まったら、本格的な面接対策に取り組もう。特にブランクが長いのであれば、面接でかなり突っ込まれるので、入念な準備が必須。面接対策については、下記記事を参考にしてほしい。

職業訓練

また、人間関係が不安、アルバイトも含め勤務経験がほとんどないので、まずは経験を積みたいというキミには、職業訓練がおすすめ。

学校では教わらなかった「コミュニケーション理論」を学べたり、グループワークで人と協調しながらの仕事を経験できるプログラム、実際に職場で就労経験を積めるプログラムも用意されているので、ぜひ活用していただきたい。

詳しくは、下記記事を参照のこと。

まとめ

最後に、「仕事が怖い」原因と克服法をまとめる。

「仕事が怖い」原因

  1. 面接が怖い
  2. 人間関係
  3. 能力不足
  4. 体力不足
  5. 長いブランク

「仕事が怖い」の克服法

  1. 仕事選び
  2. 面接対策
  3. 職業訓練

働くことへの恐怖心を取り去るには、長い道のりが必要だ。しかし、決して克服できない課題ではないので、少しずつでいいので地道に取り組んでいこう。

あわせて読みたい

この記事を書いている人 - WRITER -
35歳男。大学院卒のニート。2021年から正社員を目指し就活中。35歳・社員経験なし、バイトすらも長続きしないという汚れた職歴から正社員という、前代未聞のことをやってやろうと意気込む。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© きらめくほとり , 2021 All Rights Reserved.